2010年05月13日

リサイクル用ガラス片 2500トン不法投棄の疑い 姫路社福法人など捜索(産経新聞)

 兵庫県姫路市から委託され、リサイクル用に中間処理したガラス片を大量に不法投棄したとして、県警生活環境課などは12日、廃棄物処理法違反容疑で、同市的形町の社会福祉法人「五倫会」が運営する障害者授産施設「太陽の郷」のほか、関係先として同市役所など計7カ所を捜索した。県警は、五倫会がガラス片の売却先の確保に行き詰まり、処分費用を削減するため不法投棄していたとみて、全容解明を進める。

 捜索容疑は、五倫会の理事長(73)らが平成19年6月、同市内の建設会社元社長(66)と共謀し、元社長が所有していた高砂市内の空き地にガラス片約2200トンを違法に埋めたほか、19年6月〜20年4月、「太陽の郷」の敷地内にガラス片約320トンを不法投棄したとしている。

 五倫会の理事長は姫路市議(73)の妻。同市によると、12〜19年度、一般家庭から出た空き瓶類の中間処理を市から請け負い、空き瓶を砕いてガラス片に処理。同会は姫路市から8年間で約3900トン分の委託料約2700万円を受け取っていた。ガラス片は道路舗装の合材などに利用されるが、最近は需要が減り引き取り業者も少なくなっていたという。

 五倫会をめぐっては、市議会で「施設での処理量が市の搬入量を大きく下回っている」などと指摘され、市はこうした実態を放置していたとして、市側の責任者の処分を検討している。

 捜索を受けた五倫会の男性理事(44)は産経新聞の取材に対し、「(不法投棄したとされるガラス片は)廃棄物ではない」と主張。空き地に埋めたガラス片は、「(造成工事の際の砂の代わりの)商品として埋めた」とし、施設内に不法投棄したとされるガラス片についても、リサイクル業者への出荷待ちの状態だったとしている。

80歳男性が運転誤りスーパー突入、店員けが 大阪・中央区(産経新聞)
【科学】鉄より強いプラスチック開発(産経新聞)
ネット取引急増、個人投資家450億申告漏れ(読売新聞)
<小沢幹事長>3回目の聴取要請 東京地検(毎日新聞)
<ドリームジャンボ>発売 名古屋駅前には100人が列(毎日新聞)
posted by ナガイ エツオ at 20:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。