2010年03月26日

徳之島移設などに反対=地元知事・町長ら(時事通信)

 鹿児島県の伊藤祐一郎知事は25日午後、首相官邸で平野博文官房長官と会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、代替施設の県内移転に反対の考えを伝えた。
 政府は海兵隊の訓練移転先として同県の徳之島を検討しているほか、社民党は候補地の一つとして馬毛島を挙げている。会談には、それぞれの島を抱える大久幸助天城町長や長野力西之表市長らが同席し、島への移転を拒否する姿勢を示した。 

【関連ニュース】
政権担当能力が欠如と自民総裁=郵政改革、公明代表も批判
「たたかれても決断」=平野官房長官
「みんなが納得できる案へ」と防衛政務官=普天間、米国防次官補と会談
「普天間」新提案に否定的=14年期限へ早期解決を
仕分け、党に協力要請=首相

週刊誌報道を陳謝=閣僚辞任は否定−中井洽氏(時事通信)
<体重>中年の急増急減、死亡リスク高く 厚労省8万人調査(毎日新聞)
公務員「早期勧奨退職」継続、総務相が意向(読売新聞)
「分析・新薬価制度」(下)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)(医療介護CBニュース)
「元教諭から性的虐待」民事2審で賠償増額(読売新聞)
posted by ナガイ エツオ at 23:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。