2010年03月24日

<小沢幹事長>生方副幹事長更迭…執行部批判、辞任要求拒否(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、政調組織の復活を求めている生方幸夫副幹事長を更迭した。高嶋良充筆頭副幹事長が「執行部を批判した」として生方氏に辞任を求めたが、生方氏が拒否したため、高嶋氏が小沢氏と協議し更迭を決めた。党内からも執行部の強権を批判する声が出ており、混乱しそうだ。

 高嶋氏によると、小沢氏と電話で協議し生方氏の執行部批判を理由に更迭を求めたところ、小沢氏は「残念だ」と述べ了承した。党の倫理規則では党常任幹事会が党役職を解任できるとしているが、高嶋氏は「事実上の更迭だが(党規上の)処分ではない」としている。生方氏は党常任幹事会に不服を申し立てる構えだ。

 高嶋氏は18日、党本部で生方氏と会談し、生方氏がインタビューなどで「民主党は中央集権。権限と財源をどなたか一人が握っている」と暗に小沢氏を批判したことを挙げ、「事実がないのに外部に言うのはおかしい」として辞任を求めた。生方氏は「言論の自由がないと言われる」と拒否し、「党内には秘書が3人も逮捕されても何にもならない人がいるのに、何で私が役職を解かれるのか」と再度小沢氏を批判した。

 これに関連し、鳩山由紀夫首相は同日、首相官邸で記者団に「言論を封じるという話とはレベルが違う。党の中で話をせず、メディアに(批判を)するのが潔いのかという議論だ」と語った。

 しかし、枝野幸男行政刷新担当相は会見で「(生方氏が)何か問題のあることを言ったとは認識していない」と指摘し、野田佳彦副財務相も「耳に痛い話をした人が辞表を迫られるのは、極めてよろしくない」と批判した。安住淳衆院安全保障委員長は記者団に「建設的な発言に気にくわないから辞めろというのは違う」と述べた。【高山祐、近藤大介】

【関連ニュース】
小沢幹事長:「選挙の責任者の一人として」参院選を指揮
鳩山首相:支持率下落は偽装献金が一因と陳謝 奈良を視察
政府・民主:マニフェスト企画委を設置 首相と幹事長合意
民主:参院選対策本部の看板かける 鳩山首相と小沢幹事長
民主党:政調復活へ41人会合 小沢体制に反発

<民主党>マニフェスト企画委が初会合(毎日新聞)
小沢氏、生方氏の解任を撤回 「もう一度補佐してほしい」(産経新聞)
<JAL>一便一便新しい気持ち…63歳機長、ラスト飛行へ(毎日新聞)
洗練された大人のスイーツ頂点は? 一流パティシエが競う(産経新聞)
カルト対策で連携強化=78大学が情報交換−入学シーズンは要注意(時事通信)
posted by ナガイ エツオ at 01:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。