2010年03月17日

さだまさしさん作校歌、題名は「約束をしよう」(読売新聞)

 栃木県大田原市黒羽地区の4つの中学校が統合して黒羽中となるのに合わせ、シンガーソングライターのさだまさしさん(57)が作詞、作曲する新しい校歌が完成した。

 統合する4校の1、2年生約260人は、4月3日の開校式で合唱するため、練習に励んでいる。

 同市教委は、中学校の統合に合わせて新しい校歌も作ることにし、さださんの弟が隣接する那須町に住んでいることもあり、「精霊流し」や「関白宣言」などのヒット曲で知られているさださんに作詞、作曲を昨年9月に依頼した。さださんは、出身地の長崎県の小学校や高校など5校で校歌を作っているが、中学校の校歌を作詞、作曲するのは初めて。

 校歌の題名は「約束をしよう」。3番まである歌詞で、さださんは「強い夢を持とう」「強い人になろう」「美しい人になろう」と呼びかけた。「歴史ある町」「美しい自然」など、黒羽のイメージと重なる言葉も入っている。

 さださんは「校歌が一番胸に響くのは、卒業して大人になってから。『大切な約束』が心にしみてくる歌を毎日歌ってほしい」と話している。

<雑記帳>豊後水道の魚は“億ション”暮らし 大分・津久見(毎日新聞)
佐賀大1年、ラグビー部宴会の一気飲みで死亡(読売新聞)
<自民党>中期計画に沿って予算編成 財政健全化法案を発表(毎日新聞)
<札幌7人焼死>「防火設備費に補助金を」小規模施設(毎日新聞)
「順序が逆」民主に抗議へ=子ども手当修正協議で社・国(時事通信)
posted by ナガイ エツオ at 09:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。