2010年05月12日

介護者の悩み聞くボランティアを育成へ(医療介護CBニュース)

 NPO法人介護者サポートネットワークセンター「アラジン」は5月7日までに、介護者の悩みや不安を聴き、その活動を支えるボランティアを養成するための講座を開設することを決めた。ここ数年、悩みや不安を抱え、同センターへ連絡してくる介護者が増加していることを受けて企画されたもので、講座ではロールプレイングなどを通じ、「聴く力」を持ったボランティアの育成を目指す。

 アラジンでは2003年から、介護者の不安や悩みを解消してもらうために「介護者のための電話〜心のオアシス〜」を、毎週木曜の午前10時半から午後3時に開設している。相談件数は、07年には62件だったが、昨年には123件まで増加。女性だけでなく、男性や若い介護者からの相談も増え、その内容も多様化していることから、「聴き手」を育成する講座の開設を決めた。

 講座は7月1日、8日、22日の3日間にわたって実施され、電話相談を受けるためのロールプレイや、TAMA認知症介護者の会「いこいの会」のメンバーらによる講演などが予定されている。参加資格は、木曜にボランティア活動が可能で、全日程への参加が可能な人。定員は20人で、希望者多数の場合は抽選となる。申し込みの締め切りは6月26日。申し込み・問い合わせ先はアラジン03(5368)1955。


【関連記事】
介護殺人、12年間で少なくとも454件発生
仕事を辞めず、介護をしていきたい
介護と仕事の両立をテーマにフォーラム
家族支援に見た「認知症介護最前線」
24日に「介護の文化祭」を開催

カルテル疑惑でウソ申告、課徴金減免見送りへ(読売新聞)
店の倉庫に50センチの穴=カーナビ37台盗まれる−名古屋(時事通信)
<劇団四季>14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
谷選手、参院選出馬を表明「五輪で金も目指す」(読売新聞)
裁判所庁舎に赤い塗料 女性2人から事情聴く 東京・霞が関(産経新聞)
posted by ナガイ エツオ at 03:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。